TOP > 呼称資格認定試験

呼称資格認定試験

呼称資格制度変更について

受験に必要な資格・経験

新しい受験資格

※いずれの資格も第一次試験日において年齢20 歳以上の方を対象 ※詳しい受験資格は、開催年度の募集要項を参照

シニアソムリエ

•当協会認定のJ.S.A.ソムリエおよびJ.S.A.ワインアドバイザー

•ソムリエおよびワインアドバイザー資格認定後3年目を迎える方

•以下の職務を通算10 年以上経験し、第一次試験日においても従事している方

◆アルコール飲料を提供する飲食サービス

◆ワイン・酒類・飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造

◆アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務

※雇用体系により従事時間数の規約あり

シニアワインエキスパート

•当協会認定のJ.S.A.ワインエキスパート

•ワインエキスパート資格認定後5 年目を迎える方

•年齢30 歳以上の方

ソムリエ

【一般】

以下の職務を通算3 年以上経験し、第一次試験日においても従事している方

【会員】

会員歴が2年以上あり、以下の職務を通算2年以上経験し、第一次試験日においても従事しているJ.S.A.正会員および賛助 会員所属者

◆アルコール飲料を提供する飲食サービス

◆ワイン・酒類飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造

◆アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務

※雇用体系により従事時間数の規約あり

賛助会員登録会社に所属されている方も会員条件が適用されます。

ワインエキスパート

•ワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識、テイスティング能力を有する方

•職種、経験は不問

•ソムリエ職種に就かれていて、受験に必要な経験年数に満たない方

新しい呼称資格認定試験制度

※ 2016 年以降ワインアドバイザー、シニアワインアドバイザーの新規認定は行いません。

第一次・第二次試験免除制度

試験免除制度も従来の翌年1回限り(同一呼称のみ)となっておりましたが、同一呼称に限り免除期間を翌3年間有効 とし、期間内何度でも受験いただけることとなりました。

※ 2016年度は2013年〜2015年の一次試験合格者も免除対象となります。またこの期間の受験者に限り 一次試験を通過されている場合、書類審査の合否に関係なく一次試験免除にて受験可といたします。
※ 2016年以降書類審査不合格者は免除対象とはならず、翌年以降一次試験から受験していただきます。
※ 2017年から、ソムリエ呼称では第二次試験免除の方が発生します。

ソムリエ、シニアソムリエの呼称認定を希望される方

既存のワインアドバイザー、シニアワインアドバイザー資格をお持ちの方は、2016年~2020年の間、別途申請手続きをさ れた方に、ソムリエ、シニアソムリエ資格を認定いたします。詳細につきましては別途ご案内申し上げます。(秋頃予定)

J.S.A.呼称資格の定義

【ソムリエ】

ソムリエとは飲食、ワイン・酒類・飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関、酒類製造のいずれかの分類に属し、ワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識・テイスティング能力を有するプロフェッショナルを言う。ソムリエの役割は、飲食店もしくはワイン・酒類・飲料を販売する施設におけるそれらの提供、ならびに商品の適切な紹介とサービスを中心に、啓蒙・普及・研究・教育を目的とした専門的なアドバイスや清潔で衛生的な食事環境の維持など広範に及ぶ。ソムリエの資格はここで言う定義・役割・求められる能力に適うと認められた者に対して、然るべき機関(我が国においてはJ.S.A.)により認定される。

※通称として既に様々な「○○○ソムリエ」として使用されているが、職業分類において正式な呼称ではない。

【ワインエキスパート】

ワインエキスパートとはワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識・テイスティング能力を有する者を言う。 プロフェッショナルな資格ではないので職業は問わず、むしろ愛好家が主な対象となる。我が国においてはJ.S.A.が、ここで 言う定義・役割・求められる能力に適うと認められた者に対してワインエキスパートの資格を認定している。

ソムリエの定義について

“ソムリエ”とはワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識を有し、その仕入保存、在庫・品質管理、サービス方法等に留意し、個々のお客様の求めに応じる。また酒類及び料理選択の際には適切な助言をおこない食事内容を健全で豊かなものにし且、食事環境を清潔、衛生的で快適な雰囲気にすることを目的として、良質の物的・人的サービスの提供を行うことにより経営の安定化、及び飲食の快適性、安全性、文化性の維持向上を推進するものである。その活動の場は飲食提供を行う場であり、ワインを中心とする飲料のサービスを専門的に携わる者の「職業」を言う。

厚生労働省 職業分類(大分類E サービスの職業、中分類40 接客・給仕の職業、小分類403 飲食物給仕係、細分類403-03 ソムリエ)のとおり認定された独自の職業である。  詳しい職業分類については、こちらまで。

通称として既に様々な「○○○ソムリエ」として使用されているが、職業分類に於いて “正式な呼称”ではない。

一般社団法人日本ソムリエ協会

資格保有者・合格率一覧[PDF]

資格保有者・合格率一覧[PDF]はこちら

ページ上部へ